生徒さま作品 レッスン3 ヴィンテージパイエットで作るコサージュとネックレス

生徒さま作品 レッスン3 ヴィンテージパイエットで作るコサージュとネックレス

Nさまのレッスン3の作品が仕上がりました♪
いつも本当にご丁寧な作業をされますのでとっても綺麗に仕上がりました。
細部までこだわって刺繍されますので毎回優等生作品です!

このカリキュラムで使用するフランス輸入のヴィンテージパイエットはとてもキラキラ光ります。その輝きはため息がでます。
なぜかフランスの古いパイエットは良く輝きます。光の屈折が複雑なのか、とても不思議です。

ビーズをお願いするフランス人のマダムが、最近は蚤の市などでビーズ愛好家の日本人が買いあさり、(表現が・・・)手に入れるのが難しくなってきたとおっしゃってました。
確かに以前フランスのアンティークビーズやパイエットを扱っているお店の倉庫を見学させて頂いた時に、すべての価格が高騰しており、欲しいけど手が出せなかったです。

あれから2年で円安が進み、140円代から170円代になりもっと手が出せなくなりました(笑)
ストックしている在庫もかなり目減りしていますし、来年あたりに仕入れに行かねばと最近思う次第です。
通訳をお願いしているマダムに先日「きてきて~」とラブコールをいただきましたので、重い腰を上げようかと。
ついでに刺繍学校へ通いたいとも考えています。

話がそれちゃいましたが、こちらのカリキュラムはすべて様々な「かぎ針」で作ります。
レース針、毛糸を編むかぎ針、そしてリュネビルクロシェ。
編み物が初めての方は難関かもしれません。]


中心のお花のモチーフは、ワイヤークロッシェ(ワイヤーをかぎ針で編みます)という技法のビーズを入れたしなやかなヨーロピアンワイヤーでのモチーフを編みます。
ネックレス部分はレース針を使い、オヤ糸にビーズを通して編みます。
こちらは初心者にはスパルタの複雑な編み方を取り入れていますので皆様には頑張って頂きます(^^♪

私自身が、初心者だからといって誰でも作れそうなチープなものをご提案するのが非常に苦手です。
誰が見ても「これどうやって作ってる??」と思わし、さらに市場では高価すぎて販売できないような作品が大好きです。
お教室に通って頂く以上はどこに出しても目を引く作品をお作りいただきたい想いでデザインしています。

レッスン3を終了いたしますと、次のレッスン4はたくさんの小技を利かせた作品へ進みます。
フランスで習った技法と日本人らしくテクニックをさらに改良したものを織り交ぜています。
たくさんの技法を身に付けてさらにステップアップして頂きたいです♪

リュネビル刺繡教室

この記事を書いた人 Wrote this article

eclatnoir